スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬

秋のG1シリーズ 秋華賞

いよいよBEKUWA57号が発売になりました。
bekuwa57.jpg

なんといってもギネス発表号なので楽しみにしていた1冊です。

まだざっとしか見ていませんので明日ゆっくり見てみます。

セール開始です。

私は今回はパスですけど。


さて競馬のほうですが秋のG1シリーズ牝馬クラシック最終章の第20回秋華賞

です。

人気は今年のオークス馬ミッキークイーンが1番人気になりそうです。

6戦3勝2着3回とまだ連対を外したことがない実績馬。

おそらく桜花賞に出走していれば好勝負できていたに違いないです。

なので現3歳牝馬の中では最強でしょう。

2番人気になりそうなのはそのミッキークイーンを前走トライアルのローズSでねじ伏せたタッチングスピーチ。

夏場にしっかりと休んでから急成長。春とは全く違うと太鼓判。

3番人気は桜花賞馬レッツゴードンキ。

ここは逃げる馬がいないのできっちりと逃げるでしょう。

直線短い京都内回りなら展開的に有利か。

過去10年のデータを見ると

勝ち馬は3番人気以内が9回でほぼ人気馬が勝っている。

1番人気での勝利はアパパネ、ジェンティルドンナの2頭で2着が2頭

2番人気での勝利は5頭で2着が2頭。

3番人気での勝利は2頭で1昨年、昨年と2連勝中。

しかしデータ通りにはいかないのが競馬なんで。

力的にはミッキークイーンとタッチングスピーチが抜けているように思えるのだが

京都の内回りコースなので脚質的には少しきついかな。

レース前の細江さんの見解を聞くまで購入はまとうかな(笑)

競馬

3連覇はなし

まずは

2015年宝塚記念

3連覇を狙ったゴールドシップ。

スタートで立ち上がって大きく出遅れ、というか出なかった。

スターターは全馬の安全を見てゲートを開けるのだが少し問題のあるスタートになった。

ゴールドシップは脚も痛めた感じもするし少し心配。

しかし、ステイゴールド産駒は気性が荒すぎですね。

その気性の荒さが強さに変わっているんですけどね。

それにしても大記録更新っていうのは本当に難しいことだと再認識されるレースになった。

新馬戦で期待のポルトフォイユが勝利。

少し早いデビューだが来年のクラシック候補になりそうな馬です。

春競馬も終わって夏競馬が始まりです。

函館、福島、中京開催で2歳戦も多くなってきますので楽しみです。

競馬

春競馬の締めくくり 宝塚記念

6月ももう最終週で春競馬の締めくくり

春のグランプリの宝塚記念

今年の注目は何と言っても史上初の3連覇を目指す

2013年宝塚記念

2014年宝塚記念

のゴールドシップ。

ゴールドシップといえば最後方からの競馬が定着しているが宝塚記念に限っては中団より前目での競馬で勝利している。

4コーナーの時点で先頭に立っていれば多分後ろの馬は届かないでしょう。

残り200m勝負根性はオルフェーヴル以上でしょう。

まず競り合いになれば負けないでしょう。

ポカが多いゴールドシップですがまさに今が旬なのかもしれませんね。

一度は走る気をなくしてスランプに落ち引退まで考えた馬がよくここまで復活した。

問題は相手選びかな。

まずは2015年 宝塚記念出馬表から。

圧倒的1番人気はゴールドシップ。

2番人気は牝馬のラキシス。

前走の大阪杯ではキズナをあっさりとかわしてゴール。

2走前は有馬記念で6着も勝ち馬とコンマ2秒差でゴールドシップとはコンマ1秒差とさはほとんどなかった。

牡馬相手でも十分通用する力は持っている。

3番人気は4歳牝馬のヌーヴォレコルト。

昨年のオークス馬で2走前は中山記念でロゴタイプ、イスラボニータといった牡馬クラシック馬相手に勝利。

この馬も牡馬相手でも通用する力は十分。

4番人気以降は昨年のダービー馬ワンアンドオンリー、昨年の菊花賞馬トーホウジャッカル、重賞3勝のラブリーデイ、阪神コース得意なディアデラマドレ、昨年の2着馬カレンミロティック、海外競馬で差のないレースをした武豊のトーセンスターダム、この馬も注意阪神コース得意なデニムアンドルビーなど。

牝馬の優勝は10年前のスイープトウショウが最後。

昨年の3着にヴィルシーナ一昨年の3着にジェンティルドンナ

その前の2着にブエナビスタがいる。

結論として難しいですね(笑)

ゴールドシップから狙ってもそんなにつかなさそうなので買いたくないし、牝馬も買いづらい感じもするし。

レース直前まで悩もう。


それよりショッキングなニュースも。

クラシック2冠の

ドュラメンテ

が骨折で菊花賞、凱旋門賞を断念。

これは最高に楽しみにしていたので非常に残念です。

明日は新馬戦でもポルトフォイユが楽しみですね。

競馬

これは強い

昨日の地震にはかなりビビりました。

めちゃやば~い。って揺れでしたね。

小笠原でマグニチュード8.1だったようです。

震源が深かったからあの揺れで収まったようですがでもかなり恐怖を感じました。

先週の埼玉の震源の地震といい今回の小笠原の地震といい箱根の噴火といい口永良部島の噴火といい

続いているので注意が必要ですね。

関係ないとは思いますが首都圏直下型地震の引き金といわれている立川断層帯が中間地域になっているのも

怖い感じがします。

ただ私は教授でもなんでもないので全くわかりませんが、地震に対する備えだけはしておくようにはしています。



さてさて2015 日本ダービーですがこれは

相当強い勝ち方でしたね。

父のキングカメハメハの持っていたダービーレコードを更新しての勝利。

これでドゥラメンテは皐月賞、ダービーで2冠達成。

当然、3冠を狙うのかと思っていましたが、凱旋門賞の登録もされていて

まだどちらのレースに向かうかはわかりません。

凱旋門賞ならすごい期待を持てるかもしれませんね。

母はアドマイヤグルーブでG1のエリザベス女王杯も勝利していてさらに母の母はエアグルーブで

日本競馬の宝ともいえる名牝の血を受け継いでいます。

父はキングカメハメハでNHKマイル、日本ダービーを勝利した偉大な種牡馬。

今までの日本競馬ではここまでの超良血が大活躍したのはまだない。

クワガタも超良血時代になってきました。

今年のドゥラメンテのように日本ダービーをレコード勝利でオオクワギネス更新も見えてきたように感じます。

いやあオオクワガタも競馬も秋がめちゃ楽しみですね。


肝心なクワの方ですが特に報告もありません(笑)

♀の羽化は結構していてサイズを計測してるくらいです。

♂の羽化は何頭かはしていますが全く報告するほどではありません。

産卵セットは♀解除しましたがまだ卵が見えたラインもありますので少し放置します。

競馬

ダービーとオオクワ飼育

今週はダービーウィーク。

まずはいろいろご報告ブログをいただいています。

大鍬道のタケセイヨウ さん。
2013年23番ライン早期♀からの大型♂羽化おめでとうございます。

mustar's roomのmustarさん。
2013年7番ライン早期♀からの大型♀羽化おめでとうございます。

さらに大型♂も蛹化中とのこと。

無事羽化願っています。

その他の方々よりもご報告いただいております。

ありがとうございます。

大型目指して頑張りましょう。


さてさてダービーですがオオクワ飼育と照らし合わせるとギネスという言葉が当てはまりそうです。

みなさんここを目指していますからね。

ダービーでコースレコードはオオクワギネス更新みたいな。

今年はあちこちで大型幼虫の紹介がありましたし、大型蛹化の紹介もあちこちで聞いていますのでありそうですね。

無事蛹化で東京競馬場の最後の直線525.9mにさしかかったところでしょうか。

最後の勝負所というのもあって失速や故障ももっとも多いところです。

失速は暴れ、故障は不全ですね。

脚質も逃げ、先行、差し、追い込みと競馬もオオクワ飼育もありますね。

競馬の方のダービーの歴史からも逃げ切りもミホノブルボンが有名ですね。

他にもサニーブライアンなど。

先行はキングカメハメハワンアンドオンリーなど。

差し、追込みはオルフェーヴルキズナディープインパクトなどなど

我が家の2014年は逃げ飼育ですね。

さて最後の直線までセーフティーリードはあるのか?

競馬もオオクワ飼育もドラマがありますから楽しいです。

競馬の日本ダービーは今週5月31日です。


プロフィール

よしくわ

Author:よしくわ
オオクワの特大の個体を狙っています。

能勢YGで目指せ90mmアップ!!






にほんブログ村 その他ペットブログ オオクワガタへ
にほんブログ村

お友達ブログ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2011 飼育管理表
2012 飼育管理表
2013年 能勢YG飼育管理票
2013年 久留米飼育管理票
2014年 能勢YG
バナ-作りました。
>
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。